2010年02月

・・・に関する情報を紹介しています。
 ▽よむよむオススメのパソコンで読めるハーレクインコミック&レディースコミック(PR)  

   
↑↑ホット&超笑える!!
上杉可南子「復讐は恋の始まり」
↑↑HQファン必読!!
真性鬼畜ヒーロー・マックス様(笑)
↑イチオシの音楽系レディコミ
オトヨシクレヲ「Sugar&Spice」
ハーレクインコミックも
ネットで立ち読みし放題☆

  
真の主役は子供!?
牧あけみ 最新感動作 泣けます
超オススメ!ホットで笑える
小越なつえ「恋のルールを忘れたら」
青目黒の幻のエロカワTL
「LOVEカルテ~恋の病は進行中!」
女性向けHコミックも
ネットで立ち読みし放題☆


  ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒  
  クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村
1月のニュースなので新しい話題でもなんでもないですが、
岩本ナオさんの 『町でうわさの天狗の子』 が 『第55回小学館漫画賞』 の少女漫画部門を受賞したそう。
このマンガは、普段レディコミばかり読んでる私にも久々に大ヒットな作品だったので、うれしいです。
(こんなKISSもしないような純少女漫画にハマったのなんてもしかしたら15年以上ぶりぐらいだったかも?)


岩本ナオ 「町でうわさの天狗の子」 1巻~5巻
フラワーコミックス・アルファ


『町でうわさの天狗の子』はほのぼのとして懐かしい感じの思春期少女漫画の世界と
「コジコジ」や「日本昔話」のような不思議に寛容な世界が上手に混ざった作品で、
例が古くて恥ずかしいけど「ときめきトゥナイト」から正体隠しの部分や
キャラたちのとんがった部分を取っ払ってもっとほのぼのさせたような、以下のようなお話です。

<あらすじ>

主人公の女子高生・秋姫は、街のお山の神様でもある本物の大天狗と
その天狗が一目ぼれしてしまった美人の人間女性との間に生まれた人間と天狗のハーフ。
力が異常に強くて大食いって以外、見た目は人間でごくフツーにかわいらしい女の子な秋姫は、
人間の母親と街に住み、フツーに学校に通ったり、恋したり、ごくフツーに田舎の女子高生らしく暮らしている。
でもたまには天狗の子らしく、別居しているお父さん(天狗)に顔を見せにお山の神域に遊びに行ったり、
父の弟子(天狗修行中の幼馴染)にお前も修行しろと怒られたり、祭事の手伝いをさせられたりもしてる。
★大人でも面白かったオススメ少女漫画 岩本ナオ 「町でうわさの天狗の子」を立ち読みする

で、ここがこの作品の面白いところなのだけど、
彼女が天狗の娘なんてことは秘密でも何でもなく地元の人ならごく当たり前に知っていて、
それで別に差別されるとかも全くなく、せいぜい「地元の名士の娘」程度な軽~い感じで受け入れられてるの。
(本人は好きな男の子もいたりするフツーな女の子なので当然、天狗の子だなんて自分を恥ずかしいと思ってるわけだけど・・)
そして天狗のお父さんの元には人間の修行僧だけでなく、動物たち(キツネやウサギやイノシシ)も弟子入りしてて、
彼らは人間と普通に話せるし、お使い事があるときなどには短時間なら人間に化けたりもできるぐらいみんな優秀。
なのにカワイイ女の子を見つけるとつい自分をなでさせようとしてしまったりとか、元が動物だけにおバカですごくキュート。
そんな彼らのことも、みんな最初だけはチョット驚くものの、やっぱり何事もなく受け入れていて・・・・。
★大人でも面白かったオススメ少女漫画 岩本ナオ 「町でうわさの天狗の子」を立ち読みする

こんな風にファンタジーではあるのだけれど、ヘタレ絵で雰囲気も全然ファンタジーファンタジーしていないので、
大人でものんびり読めて、じんわり温かい(私は何度かウルっときた)タイプの少女マンガで、オススメです。
現在もフラワーコミックで連載中で、コミックスになってるのは5巻までですが、
先が気になって仕方がないっ!!というような起伏の激しいタイプの漫画ではないので、
もしご存じないようだったら漫画喫茶や古本屋などででも一度ちょろっと読んでみて欲しいです。
アマゾンでのレビューでもすっごく高評価ですしね!
  

いつも月に数回は日記やBBSを更新されていたオトヨシクレヲ先生のHPが、
少し入院してたという報告のあった昨年末からパッタリ更新が止まってしまっていたので陰ながらずーと心配してましたが、
久々に覗きに行ったら先週付けでBBSの方に近況がUPされてたのでやっとホッとできました。

今は新刊11巻用の準備をしてるところらしいのですが・・・
きっとまだ体調(やっぱり前々から調子悪そうだった腰かな??)も戻ってないんでしょうし、
それでなくても新刊の準備は毎回大変みたいなので、連載の方はまた暫く時間が開きそうですね~。
でも万全の体調でいつものような細かく面白いものを描いてもらったほうが読者もうれしいし、
もともとシュガスパ・ファンは皆待つのには慣れっこ↓wなはずなので、あまり無理はしないで欲しいものです。
(過去のシュガスパ掲載のSWEETバックナンバーの記録(ブログ内リンク))

ところで準備中の新刊11巻は、初の3号連続連載になってすごく楽しかったあの「人魚編」が入るからか、
いつもよりページ数が増えて分厚くなるそう。あとオマケのスペースもあるそうです。楽しみっっ!



 ★オトヨシクレヲ 「シュガー&スパイス」 1~8巻を電子コミックで読む(立ち読み無料☆)

 ★オトヨシクレヲ公式HP オトヨシクレヲ公式HP
 <オマケ情報>上記公式ページの「Diary」の 2008/Mar/31 の日記に、
 掲示板のNo.1054の投稿(17話目のパンツ阻止についてのイズミへの質問)へ対する書下ろしアンサー漫画が載ってますヨ。

 

全然関係ないけど最近、よくCMが入るようになった海外TV通販のマイティー・パティという粘土状の接着剤に興味津々。
なんか耐加重がすごいから壁に空中棚も取り付けられるようなことを言ってるんだけど、あれ信じて大丈夫なのかなあ。
前々から窓の上とかTVの上の開いたスペースにCD棚とか本棚を取り付けたいと思ってたものの、
ウチの壁は裏が石膏ボードで柱位置もよくわからないから諦め気味だったんだけど、あの耐加重や強度がもし本当ならば・・・・。
あんな海外通販CMの言うことなんて信じちゃいけないとは経験的に分かってはいるんだけど、つい、試しそうになってしまいます(苦笑
 
 [関連ワード] オトヨシクレヲ,
原のり子さん作品の題名別インデックス(2010年2月更新版)です。
リンクしていないものは、もうじきUPする予定の準備途中のタイトルです(・・・のハズが放置中)。
古いコミックスに関してはいちおう私が所有しているものの奥付を参考にして「年代順」にしてありますが、
原のり子さんの1980年代~1990年代のコミックスの中には過去に何度か新装再版をしてるものも結構あるので、
私の持ってる版の初版年=本当の初版年とは限らないのであんまり信用しないで下さいね~。
★マーク付き=管理人のオススメです。


■ 比較的最近の新作オリジナル・コミック ■

 原のり子先生の新作新刊 「ウェディングメーカー」 ミッシイコミックス☆ (2010年2月発売の新刊 NEWレビュー!)
 「オセロ」 オフィスユーコミック新作☆ (2009年6月19日発売の新刊)
 「夢追人の群れ」 新装新刊☆ (2009年5月21日発売の新刊) ★
 シーク -Shiek- 新刊☆ (2009年2月2日発売の新刊)
 マドンナによろしく 新刊☆ (2008年12月1日発売の新刊)
 彼女にお手あげ 新刊☆ (2008年05月19日発売)
 バツイチ 新刊☆ (2008年05月17日発売予定)


■ ハーレクインコミックス・ロマンスコミックス (海外のロマンス小説を原作にしたシリーズ) ■

 ハーレクインコミックス 「沈黙の騎士」 (2008年09月1日発売の新刊) ★
 ハーレクインコミックス 「愛人関係」 (2009年8/25UP ニュー・レビュー!) ★


■ 原のり子先生オリジナルのレディコミ旧作 (一部原作があるものもあり) ■

 オフィス・ラヴァーズ(全1巻)
 ゴージャス ★
 薬指のマジック ★
 壁に耳ありトイレに目あり(全3巻) ★ 1999年-2000年
 キスまでの時間 ★ 1997年
 アスファルト・ベビィ(全5巻) ★ 1995年-1999年
 オクトパスガーデン(全2巻) 1995年-1997年
 ヒターノの娘 1994年
 六本木コマンド(全2巻) 1993年
 彼女はソレを我慢できない 1992年
 ミッドナイトバーニング
 カマってられるか 1991年
 同棲っちゅうの?!
 異邦人
 離婚白書 ★
 摩天楼の海を渡れ
 LOVE LIES
 夢の中夢の外
 BODY TALK<ボディトーク>
 マテリアル・ガール (2008/7/10UP!)

 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村

原のり子さん作品については全タイトルの紹介を目標にしてますが、
いまざっと確認してみたら旧作は短編集を中心にまだ数十冊はあるので先はまだまだ長そうです・・・。
目指せ、原のり子データベース・サイト!!




 

原のり子 「ウェディングメーカー」
2010年2月発売の新作新刊
宙出版 ミッシィコミックス


■あらすじ・感想・レビュー
以下の4編が収録された短編集です。

『ウェディングメーカー』 友人らを紹介して結婚に導くのがうまいわりに、自分が付き合うのはいつも結婚に向かない男ばかりな絵里。実は彼女は政財界の超大物の隠し孫娘なのだけど、それに気づいて彼女を利用しようとした昔の男のことがトラウマになっていて・・・。これは少し前に雑誌で新作として読んだ覚えがある新しい作品ですね。
『雨が空から降れば』 病気で不妊になってしまったため婚約者と別れた奈保子。ショーウィンドウ・ディスプレイの仕事を通じて新しいBFができるが、不妊である事が負い目になってなかなか深い中に踏み込めない。これはちょい昔の絵柄。
『COOL』 有名メイクアップアーティストの青柳は老若男女を問わない無節操なプレイボーイで、しかも気分が盛り下がるのがイヤだから遊びの相手でも避妊は自分ではしないなんてケロっといっちゃうぐらいのロクデナシ。一緒に働くスタイリストのトキコは、そんな彼のことが大っ嫌い・・・のはずが・・・?? これも少し前に雑誌で読んだ覚えがあります。
『恋とキャリアと結婚と』 キャリアウーマンの理恵は、全身美容と称して月に一度の安全日にホテルのバーで男漁りをするのが日課(月課?)。公私の区別にはちゃんと気をつけていたのに、昨晩ホテルで釣ってベットインした男が取引先の新任の責任者として現れて・・・・。

『COOL』 と 『恋とキャリアと結婚と』 が、どちらもモラルがぶっ飛んでるキャラがメインのところが原さんらしくて面白かったかな。
特に 『COOL』 のケロリンこと青柳の高レベルなロクデナシ発言っぷりにはかなり笑いました。
クールっつーか単なるバカでしょコイツ(笑

宙は古いやつの新装版や再編集した再録集(これがわかり辛いんだよね~)も立て続けにばんばん出してますが、
この『ウェディングメーカー』は、新しめの作品が中心の正真正銘新刊の短編集です。


 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村



H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!
 


オススメ度 ★★★★☆
「スペインのシンデレラ」 ハーレクインコミック
村上ジュンコ (画)、リン・グレアム (原作)、2004年初版


年末にPCに逝かれてしまって以来の久々の更新です。なのに旧作ですみませーん。

■あらすじ
優しく温和なだけが取り得で仕事では全く役立たずなドジっ子OLのディクシーは、
派手好きな義理の姉に背負わされた膨大な借金のせいで、勤め先の銀行をクビになりそうになっていた。
それを知った銀行頭取のセサルは、そんな彼女のことを気に入っているという病床の名付け親を励ますためにと、
イヤイヤながらも彼女に偽装婚約話を持ちかけた。
★村上ジュンコ 「スペインのシンデレラ」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)

■感想・レビュー
出てくる人物全てが良いも悪いも魅力的(性格が良いという意味では無く・・・) に描かれており、
笑いのポイントも多く、全体的にかなり面白い作品でした。
ヘラヘラしつつも画面の隅でコッソリと不満のつぶやきをもらしたりツッコミしてたりしているヒロインや、
脇役や悪役(?)たちのイイ感じのキャラの立ち方などは、
同じくハーレクインのラブコメ化が得意で人気の上杉可南子センセイや曜名センセイなんかと似た作風で、
各所でクスクス笑えます。 隠れた良作ラブコメ(笑)
★村上ジュンコ 「スペインのシンデレラ」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)

面白かったので他の作品はどうなのかな?と思って調べてみましたが、
村上ジュンコさんはハーレクインコミックスではあと 「経験不要!」 (そっちはワタシは未読です) しか出してないみたい。
雑誌のハーレクインなどでもコンスタントに書けば人気でそうな楽しい作風なのに、ちょっと残念・・・。


 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村



H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!
 
          サーバーまわりのこと