2009年02月

・・・に関する情報を紹介しています。
 ▽よむよむオススメのパソコンで読めるハーレクインコミック&レディースコミック(PR)  

   
↑↑ホット&超笑える!!
上杉可南子「復讐は恋の始まり」
↑↑HQファン必読!!
真性鬼畜ヒーロー・マックス様(笑)
↑イチオシの音楽系レディコミ
オトヨシクレヲ「Sugar&Spice」
ハーレクインコミックも
ネットで立ち読みし放題☆

  
真の主役は子供!?
牧あけみ 最新感動作 泣けます
超オススメ!ホットで笑える
小越なつえ「恋のルールを忘れたら」
青目黒の幻のエロカワTL
「LOVEカルテ~恋の病は進行中!」
女性向けHコミックも
ネットで立ち読みし放題☆


  ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒  
  クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村
最近、大久保コリアン街で食べるカムジャタン(ガムジャタン)にハマりまくってます。
カムジャタンとは、先に下湯でして(ダシを取って?)ほんの少~し肉(軟骨やスジ)の残った豚骨と、ジャガイモを、
少し辛めのトンコツスープで煮込む韓国鍋なんですが、これが今までにない美味しさ!!
お芝居や映画などの帰りに新宿を経由する際にはほとんど必ず、1月に1~3回は通ってます。

         
  日本語に訳すと「ジャガイモ鍋」だったのが災いし鍋の本質が伝わらないためか、日本ではまだマイナーな鍋。
  ジャガイモは煮溶かすために数切れ入れるぐらいといった感じで、この鍋のメインは豚骨とトロトロのスープと〆のおじや。


大久保には「松屋」「宗家」の2軒のカムジャタンの有名店があり、前者は濃厚系後者はさっぱり系なんですが、
好きなラーメンは天下一品や家系・・・という濃厚こってり好きのワタシは断然 「松屋」 派!

  一度だけ「宗家」にも行ったけんですけど、断りもなく後ろから新しいスープを何度もドバドバ足されたのが気に入りませんでした。
  そのせいで、せっかく育てたスープ(具を煮溶かして〆のおじやに向けスープをトロトロに作り上げていく)を台無しにされ、
  これが目的と言ってもいいぐらいの〆のおじや(=育てきったトロトロのスープで作る炒めおじや)が非常~にガッカリ(T_T) なことに。
  スープ足すのはサッパリ好きには好評なサービスらしいんですけど、勝手にってのはなんだかな~って感じでした。
  初めての方や女性同士なら、臭みが少なめで肉も比較的食べやすくて店もきれいな「宗家」でもいいと思いますが、
  元から「ホルモン焼き」とか「モツ鍋」とか「牛すじ煮込み」とかが好きな方には、「松屋」知っちゃうと「宗家」は物足りないと思います。


「松屋」でも「宗家」でもカムジャタンのオーダーは二人なら2000円ぐらいの一番小さい鍋で大丈夫です。
「宗家」のカムジャタンはサッパリしてて量も少なめなので、チヂミなどのサイドメニューもまだ2品ほど行けると思いますが、
「松屋」のカムジャタンは濃厚で量も多めなので、一緒にチヂミ(これがまたデカい)なんか頼むと食べきれなくなるので注意。
(でも「松屋」のチヂミは具がたーっぷりで、でもちゃんと薄くて、これまた美味しいんだよね~。キムチチヂミ超美味☆)

カムジャタンは、骨に残ってる僅かな肉(長時間煮込んでホロホロになった軟骨やスジ)に、
段々とトロトロになってくるスープを掛けつつ手づかみでしゃぶるように食さないと堪能できない鍋なので、
手や口元はかなり汚れるし、骨に集中するので会話もなくなります。(カニを食べる時によく似た雰囲気ね)
初々しいカップル、あまり気心の知れてない人同士、食べるよりお喋りという人達は、カムジャタンやめた方がいいですよ。
こないだも隣のテーブルにいた若い娘二人連れが、恥ずかしがってなのか、単に食べ方知らなかったせいなのか、
ずっと箸だけで食べようとしてたけど案の定ムリで、結局半分以上手付かずで帰っちゃってホント勿体無かったです。
スープがトロトロになってくる後半から〆の韓国風おじやにかけてが一番美味しいところなので、
あれじゃ、まだ鍋の下ごしらえの途中で帰っちゃったようなもんだよ~。ああ勿体無い。

  「松屋」も「宗家」も、ある程度鍋が仕上がるまでの鍋奉行的なことは店員さんが勝手にやってくれますが、
  「ハイもういいですよ~」と言われて食べ急ぐと肉やジャガイモがいい感じに煮溶けるまえに食べ終わっちゃいます。
  スープの底の方のよくトロけた方から食べて行き、空いた所に上の骨を沈めながら、ゆっくり食べるのがコツです。
  そうやって肉やジャガイモをゆっくり煮溶かしてスープをトロトロに育てれば育てるほど、最後のおじやが美味しくなります。
  〆の炒めおじやも、鍋が終わってから注文だけすれば店員さんが上手にガシガシ作ってくれるので楽チンです。


「松屋」は年中無休でいつも遅くまで営業してるので、新宿歌舞伎町や新宿3丁目あたりで映画を観たりした後は、
区役所通り(抜けるとちょうど松屋が見える)やホテル街wをトコトコ抜けて、職安通りまで足を伸ばしてみて下さい。

 韓国伝統民俗料理 元祖「松屋」
 新宿区大久保1-1-17
 TEL:03-3200-5733
 年中無休 11:00~翌5:00 (日祝は11:00~翌2:00)
 http://www.yakinikutengoku.com/shinjyuku/matsuya/(詳細地図アリ)
 カムジャタンの価格:小-2000円(2~3人前)、中-3000円、大-4000円

 (カムジャタンだけは激安ですが飲み物類は結構高めです。その他のサイドメニューの価格は普通。)

アパートを改装したらしいフツーの家みたいなお店ですが、大通りから見えるデカい看板があるのですぐ分かります。
入り口すぐのサンルームっぽいところ(冬はあまり使ってないから薄暗い)を抜ければちゃんと屋内座敷があります。
サンルーム入ってすぐ左には屋内テーブル席もありますが、ちょっとごちゃついてますし、遅い時間には閉められちゃいます。
ワタシが行くのはいつも週末や祝日の夜20時~23時ごろですが、名店の割に、並んだ事は一度もありません。
でもコリアン街の中心地にある「宗家」の方は、明るく入りやすい割に狭いので、いつも混んでるように見えます。
・・・そう考えるとワタシのお気に入りの「松屋」には、安易にキレイに改装したり移転したりしないでほしいかも(笑)

今これ書きながら、ふと、もしかして通販でもカムジャタンあったりしないのかな~
と思って探してみたら・・・すごい、結構ある、お取り寄せのカムジャタン(笑)
意外と安いので、順番に数箇所から取り寄せてみようと思います。お家でカムジャタン、いやん、楽しみ~。



只今特価中【1700g】NEWバージョン!豚骨の煮込みカムジャタン(骨頭湯)[韓国食材]お好きな野菜で自分流にアレンジ!カムジャタン背骨肉&スープセット【冷凍・冷蔵可】濃厚ダシで旨み満点のチゲ鍋!本格手作り韓国カムジャタン1,700g(約4人前・プ...チュプンリョンジャガイモ鍋 (カムジャタン)【韓国食品】
【韓国食品・韓国レトルト】健康でおいしい!■カムジャタン(ジャガイモ湯)■

(購入者レビューを見ると大体どの店も二人なら3~4人前(2000円~2500円ぐらい)のセットが丁度良いようです)

 
<3/3追記>
いま平日はほとんど家でゴハンできなくていつ食べられるかちょっと分からなかったので、とりあえず最初は、
長期保存のきくレトルトパックのカムジャタン・1.8kg入り大袋(上記の一番右端のもの)を購入してみました。
調理済みで具も全部入ってるので、鍋にあけて温めるだけでOKとのことです。
後からレビュー読んで、えごま粉も買っておけば良かったかな・・・とも思ったけど、ま、いっか。
でも、〆のおじやに欠かせない韓国のりはコンビニで購入しました。ああ、早く食べたい~。
 

<後日追記>
お取り寄せカムジャタンについての続編記事をUPしました。
【 お家でカムジャタン (通販・お取り寄せカムジャタンの話題その2) 】
 
観劇日記、全然更新しておりませんが、実は月に1~2本は観劇してます。
でもお芝居って、よほど好きな劇団の場合以外は中途半端にイマイチの場合が多くて、
なかなか感想を書けないんですよね~。ただつまんなかったって書くのは酷なので・・・。
こないだも劇団鹿殺し(コレが劇団名ですw)の『ベルゼブブ兄弟』を友人のお供で観たのですが・・・・。
うーん、芸能界などにコアなファンが多い劇団とは聞きますが、私にはどうも合わないようです。
といっても「鹿殺し」を一度観に行きたいって言ってくる人は結構多いので、
合わないといいつつ鹿殺し関係の芝居を観に行くのは実は今回で4回目ぐらいなんですけどね(笑)
あの犬役の方(変態的な動きが何気に好き)がもっと活躍してくれたらも少し楽しめるんだけどな・・・。


さて本題。観劇テーマとはズレてしまいますが、いま新宿でやっている単館映画
「ポチの告白」 がなかなか面白かったので感想を載せておきます。

警察内での組織的犯罪をテーマにした問題作という触れ込みで最初は構えて観ましたが、
始まってみると意外に軽めで、ラストの方以外はフツーに笑ったりしながら観られる面白い映画でした。
腐敗した組織に絡め取られてあれよあれよと悪くなっていく、元は実直な体育会系おまわりさんの方が主人公で、
それを告発・断罪する方にはあまり重きを置いてない感じの映画だったのが良かったんだと思います。
“社会派エンターテインメント映画” と謳っているだけあって万人ウケするよう分かりやすく作ってあるので、
若いカップルのデートにも全然大丈夫な映画だと思います。3時間以上の長さも全く気になりませんでした。

現在、新宿でしかかかってませんが、3月初めぐらいまでやってます。
http://www.ks-cinema.com/schedule.html (新宿 ケイズ・シネマ)
JR新宿東南口(タワレコ側の出口)から徒歩2分ぐらい、IDC大塚家具の手前裏あたりです。
ここ初めて行きましたが、すっごく新しい映画館みたいでキレイで良かったですよ。
指定席制ではなく、整理番号順の入場でした。清涼飲料水の自販機のみで、軽食販売はナシ。
 
<後日追記>
その数日後に、同じく新宿にある角川シネマで今度は「禅 - ZEN -」を観た(外部サイト) のですが、
新興宗派の道元禅師にしつこく嫌がらせをする、在来宗派のチンピラ坊さん集団のわっる~いリーダーが
あの「ポチ」の主役の人だったので、真面目なシーンなのに思わず吹き出してしまいました。
この「禅 - ZEN -」はあの永平寺(ファンシーダンスのコーヘイ君が修行してた有名な修行寺)の
成り立ちが仏教ろくにしらないワタシみたいのにも良くわかる真面目な伝記的映画なのですが、
な~んかわざとっぽい感じで配役が変わってて、他にも噴出しそうになるシーンが多かったような??
 





 
 [関連ワード] ポチの告白, 趣味の観劇雑記,
 

オススメ度 ★★★★★
オトヨシクレヲ Sugar&Spice 9巻 「Fine And Mellow」
2009年2月16日発売 (笠倉出版 CULTコミックス)


■あらすじ(※ネタばれアリ)

前巻ラストで、セクハラというかパワハラしてきたマネージャー佐木をチナちゃんお得意wの“グーパンチ”で過剰に撃退してしまったために、ゲスト参加していた“ハイジンクス”にサックリ切られてしまい、どどーんと落ち込む(そしてもちろんドロドロと呪うw)チナ。
さらに、スタインウェイのピアノ目当てという不順な動機で入店したせいか、仕事先の厨房内での人間関係の方もイマイチ上手く行かず・・・。
そんな風に色々な事で悶々としていたチナが、イズミやイズミのバンドメンバーたちなどに刺激されて、これからは1人でライブ活動をしていこうと決心を固めていく巻です。

■感想レビュー(※ネタばれアリ)

今回は特にハデな事件や出来事はなく、今後の音楽活動についてや仕事の悩みを乗り越えていく巻・・・といった感じです。イズミの方は、そんな悶々としているチナをいつものようにややクールに、甘えさせつつも冷静に叱咤したり挑発してきたりするのですが、そうかと思えば急に可哀想になってきて超甘々になったり・・・。相変わらずのそのブレがカワイイかったです。
今回も、イズミのバンドメンバーがわらわら集まってきてる時の細かいセリフや、小さくリアクション取ってるヨシノ(特にライブ前の目がキローンとしてるシーンとか)が笑えますので、隅っこや奥までしっかり読むと楽しいですよ。
あと、8巻に巻末のおまけ書き下ろしページが無かった分なのか、今回はおまけの番外ショートが3つもありました。やっぱコレがなくっちゃ~ね。お忙しいとは思うけど、オトヨシ先生、次巻もがんばって下さい。

★セブンアンドワイで購入 (コンビニ受け取りなら1冊でも送料無料&ヤフーポイント還元)
★全国書店ネットワークで購入 (お近くの書店で受け取れば1冊でも送料無料)

『Sugar&Spice』ってナニ?面白いの?単なるHマンガなんじゃないの?って方は、この連載全体についての解説&レビューをご参考下さい。ワタシ的には、ここ最近のレディコミ連載の中では「のだめカンタービレ」の次ぐらいに面白いと思ってます。騙されたと思って一度読んでみて!

<後日追記>
やっぱり一般的にも人気が出てきてるのか、気付いたらもう 8巻まで電子コミックで読めるようになって(外部リンク) いて超ビックリ。とりあえずの試し読みに3~4巻ぐらいまで読んでみて~。


 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   ★BCランキング★
   (レディースコミック)



オトヨシクレヲ公式HPオトヨシクレヲ公式HP(←サーバ移転後の新しいURLです)

<オマケ情報>上記公式ページの「Diary」の Mar31日 の日記に、「Board」の No.1054 の投稿へ対する書下ろしアンサー漫画が載ってますヨ。



    
☆チナちゃん風のエロかわいいランジェリー☆



シーク -Shiek- (宙出版 ミッシイコミックス)
原 のり子 (画)
2009年2月初版


■あらすじ・感想レビュー
以下の3編が収録された短編集です。

『シーク -Shiek-』
婚約者を寝取られて、傷心を癒すためにサハラ砂漠へ向かったカメラマンの珠里。
商隊キャラバンの撮影中にサソリに刺されたところを、近くで鷹狩をしていた部族のシークに助けられますが・・・。
原さんヒーローにしてはちょっと珍しい、“タレ目”で繊細で寂しげなヒーロー。
シークのくせに(笑)全然傲慢になりきれないところがカワイかったです。

『BODY TALK』
編集者になりたての葉月。担当の人気作家と正式にお付き合いしていたつもりでしたが、
ソイツが自分の事を単なる遊び相手だと公言しているところに遭遇して思わずグーでぶん殴ってしまいます。
それをたまたま目撃していた、別の人気小説家の紫村センセイに気に入られて・・・。
(1987年刊の短編集 『BODY TALK』 からの再録)

『LOVE LIES 全2話』
NY在住の日本人留学生ショウコと、駆け出しメタルバンドのVo.ジョンのロマンス紆余曲折。
ジョンが段々と成功していくにつれ二人は上手く行かなくなってしまい・・・・。
ワタシのお気に入りの 『摩天楼の海を渡れ』 と似た感じのちょっと切ないお話です。
(1990年刊の短編集 『LOVE LIES』 からの再録)
★原のり子 新刊 「シーク」を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)

 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村

表題作の 『シーク』 以外は、既に絶版している短編集からの再録です。
あと、発売前には 『シーク』 は最近描いた新作だとばかり思ってましたが、
微妙に竹宮惠子さんに似てる絵柄などを見るに、
単行本には未収録だった15年以上前(絵柄のクセからテキトーに推測)の作品を発掘したものっぽいです。
最近読み始めた方だと分からないと思いますが、原さんは初期のころ、
特に 『足ながおじさん』 (外部リンク) を描いていたあたりは竹宮惠子さんにとてもよく似た絵を描いていたのです。
(本当によく似ていたので、もしかしたらアシスタントでもされてたのかなーと想像したり)
でもあの頃の絵、今より丁寧で繊細な雰囲気が実は結構好きだったりもします。
まあ今ではすっかり我が道を突き進んでしまって、見る影も無いんですけれどねw
★原のり子 新刊 「シーク」を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)
 
 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村



H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!
 


「月刊HQcomics(えいちきゅーこみっくす) 2009年1月号」
ハーレクイン社発行 2008年11月21日発売号


■あらすじ・感想レビュー
月刊HQcomicは、ブツ切りの連載ばかりなのがイヤになって最近はたま~にしか買ってなかったのですが、
この号には黒田かすみ先生の新作書き下ろし読みきりが載っていて、久々に買ったので紹介します。

『雪のプロローグ (読みきり)』 黒田かすみ/アン・グレイシー
賭博好きで借金だらけだった夫亡き後、粗末な借家で赤貧の生活を強いられている貧しい母子家庭。亡くなったパパが帰ってくるように・・・と幼い娘(カワイイ☆)が無邪気に祈ったある夜、扉を叩く音で母親のエリーが外を見てみると、ケガを負って意識不明の男性が倒れており・・・。
クリスマスものっぽい雰囲気のある19世紀のヒストリカル。最初は熊みたいに小汚くてトボケたヒーローが中盤から、頼れるセクシーなハンサムさんにすっかり変身しちゃいます。
☆おすすめ!黒田かすみ『雪のプロローグ』を電子コミックで読む(立ち読み無料☆)

『ダイヤモンド・ダスト (読みきり)』 碧ゆかこ/レニー・ローゼル
テキサスの大牧場主である50代の男性にシカゴで見初められて、結婚する為にテキサスにやってきたエイミー。でも彼の代理で迎えにきたのは、今後は義理の息子になる予定だけれども自分よりも年上の、すごーく不機嫌そうなボウだった。
たぶん原作の設定自体に色々と無理がありすぎるようで、微妙にオイオイ・・・な話でしたけれど、碧ゆかこさんだけあって良くまとまってました。

『臆病な女神 (連載1回目)』 藤田和子/パトリシア・F・ローエル
19世紀の英国を舞台にしたヒストリカル。むかしロンドンで凶悪な集団レイプの被害にあった可哀想なヒロインが、ヒーローの献身的な愛で心の氷を溶かしていくお話。このお話は今後、段々と陰謀サスペンスじみていきます。
2本目の長期連載です。週刊誌や隔週誌ではないのですから、この手のブツ切り連載はせめて1つだけにしてほしいものなのですが・・。

『満月の誓い (連載2回目)』 宮花みん/デボラ・ヘイル
連載2回目だそうで、しかもまだまだ続く模様。なんか、プリンセス(あくまでもイメージ)とかで連載してそうな、魔法とかが出てくるコテコテのファンタジー・ロマンスらしいのですが、細かい連載が興味をそぐせいなのか、いかにもファンタジーな雰囲気の絵が苦手なせいなのか、目も頭も拒否してしまい全然読む気が起こらず・・・、あらすじ紹介できません。

 ★アマゾンでバックナンバーを探す

 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村


H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!



宙出版 「MARIE(マリエ) 2008年12月号」
2008年11月11日発売号 (隔月刊誌)


何気に注目しているアリスン先生の新作書き下ろしが載っていたので、
久々に雑誌の方のハーレクイン系ロマンスコミックの紹介をします。
なお、宙出版はハーレのコミックス化権をハーレ社に返還させられてしまったようで、
徐々にハーレクイン以外の海外ロマンス小説のコミックス化に移行してるようなので、
今後は「ハーレクインコミック」ではなく「ハーレクイン系コミック」のような書き方をする予定です。
(原作小説初心者にとっては原作の出版社がどこかなんて正直どうでもいいんですけどね)

『氷の伯爵』 アリスン/アン・グレイシー
自分の血を分けた子供を生んでくれる「馬並みに丈夫」な花嫁が欲しくなった、“氷の伯爵”と呼ばれるほど冷淡で美しいダレンヴィル伯爵に、身寄りが無く遠い親戚の貴婦人に召使同然に使われていた野暮ったいタリーが見初められてしまうお話。
どちらかというとシリアスなお話なのですが、タリーのボケっぷりと妄想癖が、アリスン先生のオリジナル作品かと思うほどハマってて笑えました。
 ★管理人のオススメ! アリスン 「氷の伯爵」 を立ち読みする

『パリでいっしょに』 波津彬子 オリジナル
ブロードウェイで人気の歌姫と、しがない興信所調査員の、サスペンス・ロマンス。
むかし、企画もののオムニバス・コミック『フレドリックブラウンは二度死ぬ』で「ミミズ天使」を描いてた方で、海外SF小説好きのワタシには懐かしかったです。今後も、MARIEに描いていくようです。

『プリンセスの休日』 くればやし月子/カレン・テンプルトン
政略結婚を嫌って訪問先のアメリカで少しの間だけ自由になろうと逃げ出した、カルパティア王国のプリンセス、ソフィー。身分を隠して2週間ほど田舎のホテルでのんびりするつもりが、姉の子供や友人の遺児を1人で面倒見ていたスティーブの家で家政婦をすることになってしまう。

『富豪弁護士は赤毛がお好き』 酒井美羽 オリジナル
パート司書ながら図書館の蔵書にめっぽう詳しい赤毛のユニティが、理想の花嫁探し中の資産家弁護士に見初められるラブコメ。ヒロインの庶民っぷりがカワイイ。

『最後の船旅』 原ちえこ/アン・ハンプソン
悪性の病気で余命4ヶ月と宣告されてしまったウェンディ。まだ元気なうちに・・・と、夢だった豪華客船での世界旅行に旅立ちヒーローと出会う、とても切ないお話。単行本からの再録作品ですね。
 ★管理人のオススメ! 原ちえこ 「最後の船旅」 を立ち読みする


 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村


H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!

          サーバーまわりのこと