▽よむよむオススメのパソコンで読めるハーレクインコミック&レディースコミック(PR)  
   
↑↑ホット&超笑える!!
上杉可南子「復讐は恋の始まり」
↑↑HQファン必読!!
真性鬼畜ヒーロー・マックス様(笑)
↑イチオシの音楽系レディコミ
オトヨシクレヲ「Sugar&Spice」
ハーレクインコミックも
ネットで立ち読みし放題☆

  
真の主役は子供!?
牧あけみ 最新感動作 泣けます
超オススメ!ホットで笑える
小越なつえ「恋のルールを忘れたら」
青目黒の幻のエロカワTL
「LOVEカルテ~恋の病は進行中!」
女性向けHコミックも
ネットで立ち読みし放題☆

2011年12月08日



オススメ度 ★★★★☆
「孤独な御曹子 <独身貴族の賭け>」 (ハーレクインコミックス)
瀧川イヴ (画) クリスティ・ゴールド(原作)



■あらすじ
親友の結婚式の付添い人を務めるため10年ぶりに帰郷したトリ(ビクトリア)。
結婚前夜のパーティーの席でイヤイヤながらも歌を披露した彼女に、新郎側の付添い人のミッチ・ワーナーは強く惹かれる。
そしてその日の夜、新郎新婦のケンカ(明日が結婚式なのにw)に巻き込まれ外に締め出された二人は、
寒空の下、トラックの荷台の干草の上で、衝動的に愛し合ってしまう。
トリは取材拒否を貫くミッチにインタビューを申し込むつもりでいたジャーナリストだというのに・・・。

 ★瀧川イヴ 「孤独な御曹司<独身貴族の賭け>」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)
 ★瀧川イヴ <独身貴族の賭け>シリーズ全2作セットを電子コミックで読む (立ち読み無料☆)



■感想・レビュー (※ネタバレ注意)
案の定、トリが体を張って仕事を得ようとしたと誤解して彼女を侮辱するミッチですが、
頑固ではあるものの意地っ張りではないのでゴタゴタが長引かず、読んでてイライラもやもやしません。
トリが宿泊してるにもかかわらず毎夜激しくいたす親友カップルや、酔うとどうしょうもなくなる新郎、
ノリのいいミッチの祖父など、他にもところどころにクスっとくる笑いがちりばめてあって全体的に読みやすい良作です。

 ★瀧川イヴ 「孤独な御曹子<独身貴族の賭け>」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)
 ★瀧川イヴ <独身貴族の賭け>シリーズ全2作セットを電子コミックで読む (立ち読み無料☆)



この<独身貴族の賭け>シリーズは原作だと全3作なんですけど、
何故かこの「砂漠の迷宮」と「孤独な御曹子」の2作しかコミックス化されなかったようです。
まあシリーズとは言っても、ハーバード同期生で仲の良いヒーローたち3人が
「10年以内に結婚しちゃったヤツは自分の宝物を手放すこと!」
という賭けをしてるというだけの無理やりこじつけたっぽいシリーズなので、
読み順とかコンプリートとかは全く気にしなくていいと思います(笑)

ちなみにコミックス化されなかった1作「王様はプレイボーイ<独身貴族の賭け>」は、
こちらの感想サイトさん(外部リンク) であらすじを読んだ感じだと、
酒井美羽センセイが MARIE 2011年6月号(外部リンク) に描いた『王様と白衣のシンデレラ』
(兄の死で国王になった元遊び人のヒーロー、ヒロインは医師、二人は同級生、隠し子ベイビー、皇后の存在、などなど・・)
よ~~く似ているような気がするのは私の気のせいかなー(笑)


 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村





2011年12月08日



オススメ度 ★★★★★
「砂漠の迷宮 <独身貴族の賭け>」 (ハーレクインコミックス)
瀧川イヴ (画) クリスティ・ゴールド(原作)



■あらすじ
アラブのシークの娘ながらも、母が住むアメリカで自由で自立した生活を送っていたライナ。
そこへ突然、いちおう許婚ではあるものの10年以上も会っていなかったシーク・ダールが、
病気で倒れた彼女の父親に頼まれたとライナを迎えにやって来た。慌てて同行するライナ。
でも婚約は二人の父同士が大昔決めたものでライナにもダールにも結婚する気などまるでなかったはずなのに、
母国へ向かうダールのプライベートジェットでの甘く秘めやかな旅が、二人の心に火をつける!?

 ★瀧川イヴ 「砂漠の迷宮 <独身貴族の賭け>」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)
 ★瀧川イヴ <独身貴族の賭け>シリーズ全2作セットを電子コミックで読む (立ち読み無料☆)


■感想・レビュー (※ネタバレ注意)
名前だけの許婚だった二人が惹かれあってどんどんメロメロになって行くのですが、その過程が自然でイイです!
そもそも許婚なんだし、二人とも明らかにメロメロなんだし、何でそんなことで?と思うぐらい
障害の部分が弱いんですが、ロマンスの描写が全体的に素晴らしいので別にいいやって感じで読めます。
特に、恋に落ちてポヤーンとなったライナがとてもカワイイです。
ここらの描写は 「競り落とした恋人」のヒロイン(過去記事へ) の時と少し似てるかも?

 ★瀧川イヴ 「砂漠の迷宮 <独身貴族の賭け>」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)
 ★瀧川イヴ <独身貴族の賭け>シリーズ全2作セットを電子コミックで読む (立ち読み無料☆)


この<独身貴族の賭け>シリーズは原作だと全3作なんですけど、
何故かこの「砂漠の迷宮」と「孤独な御曹子」の2作しかコミックス化されなかったようです。
まあシリーズとは言っても、ハーバード同期生で仲の良いヒーローたち3人が
「10年以内に結婚しちゃったヤツは自分の宝物を手放すこと!」
という賭けをしてるというだけの無理やりこじつけたっぽいシリーズなので、
読み順とかコンプリートとかは全く気にしなくていいと思います(笑)

ちなみにコミックス化されなかった1作「王様はプレイボーイ<独身貴族の賭け>」は、
こちらの感想サイトさん(外部リンク) であらすじを読んだ感じだと、
酒井美羽センセイが MARIE 2011年6月号(外部リンク) に描いた『王様と白衣のシンデレラ』
(兄の死で国王になった元遊び人のヒーロー、ヒロインは医師、二人は同級生、隠し子ベイビー、皇后の存在、などなど・・)
よ~~く似ているような気がするのは私の気のせいかなー(笑)


 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村





2009年08月21日




オススメ度 ★★★★★
「王国を継いだ恋人 <バロン家の恋物語 IV >」 (ハーレクインコミックス)
瀧川イヴ (画) サンドラ・マートン(原作)


■あらすじ
バロン3兄弟の義理の妹ケイトリンが主人公の、バロン家シリーズ4作目(完結編) 「王国を継いだ恋人」 です。
ケイトリンは牧場を継がずに都会に出て行った義理の兄弟たちとは違い、
名門バロン家の大牧場 『エスパーダ』 を愛してずっと牧場で働いているが、
母の連れ子でバロン家の血を引いてないため、残念ながら牧場の相続権は無い。
でも特にそれでスネるでもなく、男勝りに元気に牧場を仕切っている。
ある日、ケイトリンが気の荒い馬を走らせて馴らそうとしていたところ、
敷地を歩いていた怪しげな男、タイラーを轢きそうになってしまう。
当主に会いに来たというタイラーを、出張中の義父が帰宅するまでのあいだ牧場で臨時雇いすることになってしまうが、
彼は使用人たちなどから何かをコソコソ聞きまわってる様子で・・・。
★瀧川イヴ 「王国を継いだ恋人(バロン家の恋物語IV)」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)

■感想・レビュー (※ネタバレ注意)
前3作は単なる兄弟つながりの話って感じでしたが、この完結編で一気に重く深い話になります。
ヒーローは生後すぐの捨て子だった境遇から自力でのし上がった富豪でその生い立ちはものすごく不幸で、
特に出生の秘密や捨てられた経緯が明らかになるといたたまれない気持になります。あんのクソジジイめ~(怒)
ヒーローの方の不幸さや虚しさの心情描写で泣きそうになってしまう作品なんて、ちょっと珍しいかも・・・。
で、そんな傷を抱えて愛を知らないヒーローはいつも誰に対しても距離を取り冷ややかなのだけど、
じゃじゃ馬で喧嘩っ早いケイトリンの前でだけでは、何故か人間らしくなってしまうのです。そこがイイっ!
ストーリーの根底は重苦しいですが、この二人の言葉の応酬やロマンスの描写は楽しくてロマンチックですし、
ラストも3兄弟たちが絡む形でとても上手~く収まりますので(大団円!)、読後感は決して悪くありません。おすすめ!
★瀧川イヴ 「王国を継いだ恋人(バロン家の恋物語IV)」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)


この バロン家の恋物語シリーズ4部作(外部リンク) は全て瀧川イヴ先生が手がけてるだけあって結構面白いので、
できればシリーズ4冊全部揃えて読むことをオススメします。
個別の話の好き嫌いはもちろんありますが、シリーズのラストはホント感動的ですし、全体でのオススメ度も★★★★★です。
★瀧川イヴ 「王国を継いだ恋人(バロン家の恋物語IV)」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)

このシリーズは、1作目が「星降る丘で」、2作目「競り落とした恋人」、3作目「夢をかなえた一夜」、4作目「王国を継いだ恋人」、となってますが、最初の1~3作は時系列的にほぼ同時進行してるお話なので、締めくくりになる4作目以外はどんな順番で読んでもあまり関係ないです。

ちなみに原作小説のシリーズの方には上記4作に加えて、この兄弟以外の一族(?)がからんでるらしい話がまだ4作ぐらいあるようなのですが、そちらは漫画化はされてません。
そっちのあらすじをざっと見た感じでは、前4作の続編という感じはほとんど無くて、遠い親戚か何かの新たな番外編シリーズっぽい感じ(中にはシークとか出てくる話まである)だったので、今後も漫画化はされないんじゃないかな?と思います。
ところで、本作のヒーロー・タイラーの優しく美しい愛人(でもヒーローには結局心を開いてもらえなかった気の毒な美女)エイドリアナが、何気に大人で良いキャラだったのでスピンオフがあるのでは・・・と思ったのですが、どうも無いみたいなのが残念でした。あのいい感じの性格付けは、瀧川センセイのオリジナルだったのかな??
 

 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村


H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!

2009年08月19日



「夢をかなえた一夜 <バロン家の恋物語 III >」 (ハーレクインコミックス)
瀧川イヴ (画) サンドラ・マートン(原作)



■あらすじ
バロン家の三男スレイドが主人公の、バロン家シリーズ3作目「夢をかなえた一夜」です。
出張の途中、吹雪のため空港に閉じ込められていたスレイドは、
同じく足止めされていたキャリアウーマンのララと知り合い、誘い、めくるめく一夜を共にする。
だが翌朝ホテルのベッドで目覚めると、ララはもう姿を消していた。
彼女のことをずっと忘れられなかったスレイドは、それから1年半後、仕事の依頼先で偶然ララに再会する。
でも彼女には大切な男性がいるようで・・・。自分とのあれは不倫だったのか!?
★瀧川イヴ 「夢をかなえた一夜(バロン家の恋物語III)」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)

■感想・レビュー
恋愛には淡白なはずだったヒーローが、ヒロインに執着しまくり、秘密を暴き、脅して結婚してしまうお話。
兄弟達の方のお話の中ではあんなにお茶目でひょうきんだったメガネのスレイドが、
ここではまるで別人のように、ストーカーちっくで冷淡で傲慢なヒーローになっちゃってます。
マンガだから読めるけど、原作はきっと「壁投げ本」でワタシは絶対読めないだろうな~と思います。
特に、彼女が生きがいだとまで言っていた仕事を勝手に辞めさせて、
結局最後までそのままだったのがとてもイヤでした。ヒロイン、ホントにそれでいいの~???
★瀧川イヴ 「夢をかなえた一夜(バロン家の恋物語III)」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)


でも、なんのかんの言っても、この バロン家のシリーズ4部作(外部リンク)
全て瀧川イヴ先生が手がけてるだけあって全体としては結構面白いので、できれば4冊全部揃えて読むことをオススメします。
彼ら兄弟は仲がよくて、度々電話などで連絡を取り合うのですが、その場面がそれぞれの作品に登場して
相手の側にもちゃんと含みがある会話内容だったりするので面白いです。

このシリーズは、1作目「星降る丘で」、2作目「競り落とした恋人」、3作目「夢をかなえた一夜」、4作目「王国を継いだ恋人」、となってますが、締めくくりになる4作目以外はほぼ同時進行してるというお話なので、どんな順番で読んでもあまり関係ないです。

ちなみに原作小説のシリーズの方には上記4作に加えて、この兄弟以外の一族(?)がからんでるらしい話がまだ4作ぐらいあるようなのですが、そちらは漫画化はされてません。
そっちのあらすじをざっと見た感じでは、前4作の続編という感じはほとんど無くて、遠い親戚か何かの新たな番外編シリーズっぽい感じ(中にはシークとか出てくる話まである)だったので、今後も漫画化はされないんじゃないかな?と思います。


 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村


H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!

2009年08月19日



オススメ度 ★★★★★
「競り落とした恋人 <バロン家の恋物語II >」 (ハーレクインコミックス)
瀧川イヴ (画) サンドラ・マートン(原作)



■あらすじ
バロン家の長男トラビスが主人公の、バロン家シリーズ2作目「競り落とした恋人」です。
同僚らのおふざけで、チャリティーイベントの 『独身男性オークション』 に出品されてしまったトラビス。
一方、自分を 「不感症」 呼ばわりしていた別れた夫や、そのことを噂する知人らを見返そうと、
買ったばかりのセクシーなドレスを着てそのオークション会場にやってきたアレクサンドラ。
距離があるのに目が合うなりお互いに惹かれあってしまう二人。
そしてヒロインはお酒をあおった勢いでヒーローを破格の2万ドルで競り落とし、
ベットを共にし、生まれて初めて嵐のような官能を味わい・・・。
★瀧川イヴ 「競り落とした恋人(バロン家の恋物語II)」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)

■感想・レビュー
自分も離婚経験者で愛や結婚にトラウマがあるはずのヒーローが、ヒロインにはメロメロになってしまい、
もっとずっと傷ついていてすぐ殻に閉じこもろうとするヒロインの心と体の氷を溶かしてあげるお話。
なんだかんだ言ってけっこうホット。一体このヒロインのどこが不感症なのよ?って感じでした(笑
離婚により色々なしがらみからも開放されて、ヒーローからも甘く 「姫はーとはーと」 なんてささやかれたりして何度も抱かれ、
徐々に柔らかくポワンとした雰囲気になっていくヒロインの様子がとてもキュートで好きな作品です。
★瀧川イヴ 「競り落とした恋人(バロン家の恋物語II)」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)

この バロン家のシリーズ4部作(外部リンク) は全て瀧川イヴ先生が手がけてるだけあって結構面白いので、
できればシリーズ4冊全部揃えて読むことをオススメします。
彼ら兄弟は仲がよくて、度々電話などで連絡を取り合うのですが、その場面がそれぞれの作品に登場して
相手の側にもちゃんと含みがある会話内容だったりするので面白いです。

このシリーズは、1作目が「星降る丘で」、2作目「競り落とした恋人」、3作目「夢をかなえた一夜」、4作目「王国を継いだ恋人」、となってますが、最初の1~3作は時系列的にほぼ同時進行してるお話なので、締めくくりになる4作目以外はどんな順番で読んでもあまり関係ないです。

ちなみに原作小説のシリーズの方には上記4作に加えて、この兄弟以外の一族(?)がからんでるらしい話がまだ4作ぐらいあるようなのですが、そちらは漫画化はされてません。
そっちのあらすじをざっと見た感じでは、前4作の続編という感じはほとんど無くて、遠い親戚か何かの新たな番外編シリーズっぽい感じ(中にはシークとか出てくる話まである)だったので、今後も漫画化はされないんじゃないかな?と思います。
  

 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村


H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!

2009年08月18日



オススメ度 ★★★★☆
「星降る丘で <バロン家の恋物語 I >」 (ハーレクインコミックス)
瀧川イヴ (画) サンドラ・マートン(原作)



■あらすじ
バロン家の次男ゲイジが主人公の、バロン家シリーズ1作目「星降る丘で」です。
駆け落ちしてまで結ばれた最愛の妻ナタリーに、結婚10年目にして三下り半を突きつけられてしまったゲイジ。でも冷たい態度とは裏腹に触れればちゃんと反応を返してくるヒロインの様子に、関係修復のチャンスはまだあると考えるヒーローでしたが、それでもヒロインは頑なに離婚を求めてきて・・・。
★瀧川イヴ 「星降る丘で(バロン家の恋物語I)」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)

■感想・レビュー
ハーレクインらしい、コミュニケーション不足のせいで別れる寸前まで来てしまった夫婦の関係修復モノです。
気付けば長い間セックスレス。アレ?いつの間にそうなっちゃったんだっけ??と頭をひねるヒーロー。
ヒロインがここまで感情がこじれる前にちゃんと話し合っておけば済んだ話なのに~とツッコミたくもなりましたが、
自分にも以前似たようなツライ時期があったので、なかなか口にできずに一人鬱々としていくロインの気持も分かるような・・・。
★瀧川イヴ 「星降る丘で(バロン家の恋物語I)」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)

この バロン家のシリーズ4部作(外部リンク) は全て瀧川イヴ先生が手がけてるだけあって結構面白いので、
できればシリーズ4冊全部揃えて読むことをオススメします。
彼ら兄弟は仲がよくて、度々電話などで連絡を取り合うのですが、その場面がそれぞれの作品に登場して
相手の側にもちゃんと含みがある会話内容だったりするので面白いです。

この<バロン家の恋物語>シリーズは、1作目「星降る丘で」、2作目「競り落とした恋人」、3作目「夢をかなえた一夜」、4作目「王国を継いだ恋人」、となってますが、最初の1~3作は時系列的にほぼ同時進行してるお話なので、締めくくりになる4作目以外はどんな順番で読んでもあまり関係ないです。

ちなみに原作小説のシリーズの方には上記4作に加えて、この兄弟以外の一族(?)がからんでるらしい話がまだ4作ぐらいあるようなのですが、そちらは漫画化はされてません。
そっちのあらすじをざっと見た感じでは、前4作の続編という感じはほとんど無くて、遠い親戚か何かの新たな番外編シリーズっぽい感じ(中にはシークとか出てくる話まである)だったので、今後も漫画化はされないんじゃないかな?と思います。
  

 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村


H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!

2008年08月06日

 

オススメ度 ★★★★★
情熱のフーガ (ハーレクインコミックス)
瀧川イヴ (画) ダイアナ・ハミルトン(原作)


■瀧川イヴ「情熱のフーガ」あらすじ
友人に招かれたスペインの名門農場の当主ロマンに見初められておとぎ話のような結婚をした、ごく普通のイギリス人女性キャシー。
ところが結婚後間もなく、ロマンは仕事を理由に家にほとんど帰らなくなってきてしまいます。
屋敷に同居する一族や使用人からは身分違いのヨソ者なせいで冷たくされ、
ただ一人馴染みの無い土地でオドオドしているしかない孤独な結婚生活に耐えられくなったヒロインは、
ついにイギリスに逃げ帰ってしまいます。
ところが1年後、スペインに残りロマンの会社で働かせてもらっていた弟から電話があり、
横領をしてしまって会社に告訴されそうだとキャシーに助けを求めてきて・・・。
★瀧川イヴ 「情熱のフーガ」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)

■瀧川イヴ「情熱のフーガ」感想・レビュー
結婚当時にはウブで人生経験も不足した大人しいだけの小娘だったけれど
別居していた1年でやっとそれなりに大人になったヒロインと、
迷路のような思考回路(原文ままw)を持つ地主殿様タイプの傲慢ヒーローとの、関係修復ものです。
ラストで、ヒロインから完全に拒絶されたと思い込んだヒーローが酷い自暴自棄に陥るところが結構見どころで、
その際のヒロインの捨て身の説得は何度読んでも涙を誘います。
重たくなりそうなお話なのにうまく笑いも入れてあったりして、マンガとしてのクオリティが高いと思います。
瀧川イヴさんの描くハーレ原作コミックはいつもほとんどハズレなく、原作に多少難があるものでも
ちゃんと面白く漫画化してあったりして、何作か続けて読むとホントすごいなあ~と思います。
原作の選択センスもきっといいのでしょうが、手抜きをせず丁寧に漫画化させてるところが一番の良作量産ポイントでしょうね。
★瀧川イヴ 「情熱のフーガ」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)


 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村


H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!

2008年07月24日



オススメ度 ★★★★★
結婚の条件 (ハーレクインコミックス)
瀧川イヴ (画) 原作者:デビー・マッコーマー(原作)


■あらすじ
愛とロマンスの世界で働くブライダル・コーディネーターのサバンナと、そのすべてを否定する離婚専門弁護士のダッシュ。結婚に対して正反対の意見をもつ二人は、ダッシュの妹でサバンナの顧客でもあるスーザンの結婚をめぐり激しく対立する。果たしてどちらの主張が正しいのか??
★おすすめ良作! 瀧川イヴ「結婚の条件」を電子コミックで読む(立ち読み無料)

■感想・レビュー
ブライダルショップを経営する28歳のヒロインは、子供時代の事故で片足が不自由であることが負い目になっていて自分自身の恋愛や結婚はすっかり諦めていますが、そのぶん結婚式のコーディネート業に情熱を注いでいます。そんなある日、顧客女性の兄だという人物がこっそり来店し「結婚なんかやめるようにと、あなたから妹を説得してほしい・・・」などと信じられない事を言い出し始めて・・・。
愛や結婚制度を信じられずに妹の結婚までも妨害しようとしてしまう困った離婚専門弁護士のヒーローと、愛のある結婚があることを信じてはいるけれど足に障害を持つ自分には一生無縁なもの・・・と完全に諦めきってしまっているヒロインとのロマンスです。
結婚観についてはなんだかんだ言いつつも、お互いの心の氷を溶かしあうような、優しくて結構うるっと来るいいお話です。オススメ!
★おすすめ良作! 瀧川イヴ「結婚の条件」を電子コミックで読む(立ち読み無料)


 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村


H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!

2008年07月11日

 

オススメ度 ★★★★★
涙にぬれた口づけ ( HQ ハーレクインコミック )
瀧川イヴ (画)、ダイアナ・パーマー (原作)


■あらすじ
面接を担当した当主(ヒーロー)には一目で嫌われたような気がするものの、男の気を散らしそうもない子供っぽく平凡な容姿と有能さを評価されて、大富豪キャリスター家の次男(ヒーローの弟)の個人秘書に採用されたヒロイン。
亡くなった前妻と当主(ヒーロー)との娘達は優しいヒロインにとてもなつき、ヒーローもそんなヒロインに亡き愛妻の面影を感じて惹かれていきますが、何かの秘密を抱えてるらしい様子のヒロインを信用しきれず、誘惑してはまた遠ざける・・・というようなようなちぐはぐな態度を何度も取ってしまい・・・。
★瀧川イヴ 「涙にぬれた口づけ」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)


■感想・レビュー
ある深い悲しみを抱える情愛に満ちた、まだ若くてウブなヒロインと、
ちょっと傲慢で疑ぐり深いヒーローとの、初恋のようにもどかしくキュンと来る優しいロマンスです。
きっと原作も良いのでしょうが、マンガとしてのクオリティも高く、
コミカルな部分と泣きの部分が絶妙のバランスで配置されていて何度読んでも飽きないので、
ワタシももう10回以上は読み返している(あ、いいかげん早く原作も読まなきゃ・・・)気がします。
ヒーローのカワイイ娘達とヒロインとの触れ合いの様子もとても優しげでキュートで、そこもとっても良かったです。
読後はじんわりと優しい気分になります。オススメです!!
★瀧川イヴ 「涙にぬれた口づけ」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)


 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村


H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!

ブログ内検索
単行本以外の記事(雑誌掲載分など)もひっかかるのでカテゴリーリストより多くの記事が見つかる場合あり☆

.
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

よむよむ

Author:よむよむ
30代・女性

ここ数年、ハッピーエンドでセクシー系のロマンスものにハマってます。30過ぎてからはHOTなものにも全く抵抗なくなりました。むしろ大好きなぐらい?
今まではアマゾンで“☆”というHNでちくちくとハーレクインコミックスやレディースコミックスのレビュー投稿をしてましたが、あの場では反応がイマイチよく分からず少し虚しかったので、自分のブログを立ち上げてまとめる事にしました。新しいレビューの作成も同時進行していってます。もし私と好みが合いそうでしたらたまに覗きに来て下さいネ。

原のり子さん、オトヨシクレヲさん、黒田かすみさん、青目黒さん、の大ファンです。
オトヨシクレヲさんについてはSugar&Spice以前の単行本未収録作品まで集めちゃったりと、ちょっとマニアの域に入っちゃってるかも??なのに友人知人には薦めづらいジャンルなので、ココで大々的に紹介して鬱憤晴らしてます。

息子が生まれてから日常が一変してしまったので、ブログの更新が頻繁にできなくなりました。
漫画読む時間は何とかちょこちょこ作れても、幼児に邪魔(息子にとってはPC=動画見るおもちゃ)されながらパソコンに向かって長文書くのってかなり厳しいぞ!

当ブログはリンクフリーです☆

広告スパムが酷いので、コメントやトラックバックは管理人の承認制になってる事があります。あと、当ブログへのリンク(参照リンク/言及リンク)が入ってない記事からのトラックバックは元から受け付けない設定になってます。ご理解下さい!!

月別アーカイブ
サブカテゴリー test中

H系レディコミ/TL/YL ハーレクインコミック オススメ度★★★★★ オトヨシクレヲ Sugar&Spice レディコミ 絶対恋愛SWEET 傲慢ヒーロー 原のり子 笑える 黒田かすみ 恋愛MAX 官能的(HOT) 青目黒 アリスン 泣ける ヒストリカル 瀧川イヴ 不遇ヒロイン ろくでなしヒーロー 恋愛白書パステル ソフトSM系 ロクロイチ ヤマモトミワコ 若菜光流 まんだ林檎 なかはらももた 鬼畜ヒーロー 篠崎佳久子 代々木公園のイベント・フードフェス ロマンス小説 花田祐実 夫婦関係修復モノ サンドラ・マートン 子供がカワイイ 趣味の観劇雑記 JUDY 高田りえ 上杉可南子 百合・GL シークもの はやさかあみい 「バロン家の恋物語」シリーズ 克本かさね 藤井みつる ラブラブ シークレットベビーもの メイド・ヒロイン 紫賀サヲリ 妊婦ヒロイン ヘドウィグ 月刊ハーレクイン コミックス関連の色々 愛人関係もの H系レディコミ/TL/Y ペニー・ジョーダン ダイアナ・パーマー リンダ・ハワード スーザン・ネーピア 年の差もの 魅惑のヒーロー 藤田和子 エマ・ダーシー 記憶喪失もの くさか里樹 文月今日子 月刊HQcomic くぼた尚子 大久保 カムジャタン そねはらすみこ ガムジャタン 韓国料理 サラ・ウエストリー シングルマザー・ヒロイン プチコミック タイフェスティバル ルーシー・ゴードン 荻丸雅子 秋元奈美 大倉かおり 北野生 ミランダ・リー 橋本多佳子 金城りえ フラメンコ・バレエ・舞踊もの 瀧川イヴ<独身貴族の賭け>シリーズ クリスティ・ゴールド 広瀬美穂子 リン・グレアム パラノーマル 義理の兄妹もの 牧場主・牧場舞台もの 岸本景子 麻生歩 デイ・ラクレア 萩尾望都 まさき輝 のわきねい JET 身分違いもの 「倫敦恋奇譚」シリーズ 岩明均 東京セレソンデラックス ハーレクイン 曜名 実録・連合赤軍 このブログについて マーガレット・メイヨー もんでんあきこ 佐々江典子 牧あけみ 松本ななこ 子供関係の色々 萌え系TL 日生佑稀 小林博美 湊よりこ ひかわきょうこ 羽海野チカ セフレ さちみりほ 森素子 千川なつみ アニー・バロウズ BL ハーレクイン小説 メアリー・バローグ リー・ウィルキンソン 鬼畜ヒロイン 幼馴染もの インディア・グレイ 鈴木淳子 桜野なゆな 瑚白ゆう キャシー・ウィリアムズ 藤丸浩子 ポチの告白 原ちえこ 酒井美羽 キャロル・グレイス MARIE くればやし月子 波津彬子 ジェイン・オースティン ポーラ・マーシャル 小越なつえ ジュリア・ジェイムス サラ・クレイヴン 看護もの 三国ハヂメ 坂下亜寿佳 ささきゆきえ ジャッキー・ブラウン 佐伯かよの ハーレクイン・オリジナル 田辺真由美 レベッカ・ウインターズ バイオジェル ソークオフ フィリス・ホールドーソン サリー・ウェントワース ジェルネイル リン・カーランド 夏生恒 西園寺みちる 北マトセ 葦珈のぞむ バーバラ・フェイス デボラ・シモンズ エリザベス・メイン デビー・マッコーマー ダイアナ・ハミルトン ドナ・クレイトン シャロン・サラ エリザベス・ロールズ アン・スチュアート チカ モーラ・マクギブニー クロカミショウネン 羽央 

RSSリンク
PR

Appendix


下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。