藤田和子

・・・に関する情報を紹介しています。
 ▽よむよむオススメのパソコンで読めるハーレクインコミック&レディースコミック(PR)  

   
↑↑ホット&超笑える!!
上杉可南子「復讐は恋の始まり」
↑↑HQファン必読!!
真性鬼畜ヒーロー・マックス様(笑)
↑イチオシの音楽系レディコミ
オトヨシクレヲ「Sugar&Spice」
ハーレクインコミックも
ネットで立ち読みし放題☆

  
真の主役は子供!?
牧あけみ 最新感動作 泣けます
超オススメ!ホットで笑える
小越なつえ「恋のルールを忘れたら」
青目黒の幻のエロカワTL
「LOVEカルテ~恋の病は進行中!」
女性向けHコミックも
ネットで立ち読みし放題☆


  ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒  
  クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村


「月刊ハーレクイン 2009年 06月号」
ハーレクイン社発行ハーレクインコミック雑誌 2009年 4/21発売号


■あらすじ・感想レビュー
少し前の号なのですが、取捨選択のために読み直してたら
この号は結構読める号だったので、遅ればせながらレビューあげておきます。
特に面白かったのは最初の2編です。あとの2編はクセのある話なので好き嫌いありそうな感じ。

『花嫁になる条件 (読みきり)』 藤田和子/ジュリア・ジェイムス
大富豪のラファエッロ宅でトイレ掃除婦をしていた、貧しいシングルマザーのマグダ。その身なりや身分のみすぼらしさが、ちょうど親へのあてつけに “最低の花嫁” を探していたラファエッロの目に止まり・・・。
ヒーローの父だけでなくヒーローからさえも無神経な言動でプライドを傷つけられまくるヒロインがとても気の毒。そんなヒロインの様子を見てヒーローが段々と自分の無神経さに気付き、後悔し、改心していく過程が良かったです。ヒロインの息子ベンジーもキュート。全体的にとてもイイお話でした。
 ★管理人のオススメ! 藤田和子 「花嫁になる条件」 を立ち読みする

『若すぎた伯爵夫人 (読みきり)』 小越なつえ/サラ・クレイヴン
死期の迫った父親の願いで、父と懇意だった伯爵ラファエレと、成人するまでの約束で便宜的な結婚をしたエミリー。その期限である21歳の誕生日の少し前に、ずっと別居していた二人の関係が変化してくるお話。
出会いの時期の、子犬みたいに元気で無邪気な高校生のヒロインと、そんな彼女をからかう大人なヒーローのやり取りがすごくキュートで良かったです。
小越なつえ先生のハレコミは笑いどころのメリハリもあって読みやすいので、注目してます。
 ★管理人のオススメ! 小越なつえ 「若すぎた伯爵夫人」 を立ち読みする☆

『切なさを抱きしめて (読みきり)』 伊藤かこ/ナターシャ・オークリー
学生時代、オーストリアからの留学生だというセブと恋に落ちたイギリス人女性のマリアン。でも彼は「必ず戻るから」と言って連絡先も告げずに突然帰国し、音信不通になってしまう。その後、ある公国の王子の婚礼のニュースを見たヒロインは、彼がその王子で、ずっと騙されていたことに気付く。それから10年、結局あの後もずっと何の連絡もよこさなかったセブが、突然訪ねてきて・・・。
なんとなく某国のC皇太子を髣髴とさせる、優柔不断なろくでなし王子モノ。見方を変えればあれもハーレクイン的かも・・・と思ったら、あのおっさんおばさんのカップルが浮かんでしまい、キモくなってきてしまいました(苦笑)
伊藤かこ先生は、ありえないぐらいデッサンがひん曲がってるけど、マンガとしては悪くないのでけっこう読めちゃいますよね。

『赤い髪は誘惑のしるし (読みきり)』 森素子/アマンダ・ブラウニング
亡くなった母親の残した日記から、もしかしたら自分は赤ん坊の時に誘拐されたという、富豪のエンダコット卿の孫娘ではないかと疑いを持ったケイ。その疑いを否定してもらいたいとエンダコット卿の会社を訪ねたところ、彼の共同経営者だというベンに、すごい剣幕で財産目当ての偽物とののしられ・・・。
原作どおりなのか、ヒロインもヒーローも行動や感情に共感できず、苦手なタイプでした。

 ★全国書店ネットワークで購入 (お近くの書店で受け取れば1冊でも送料無料)
 ★アマゾンでバックナンバーを探す



レディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&DL簡単!100円レンタルも多数あるよ!
 
 


「月刊HQcomics(えいちきゅーこみっくす) 2009年1月号」
ハーレクイン社発行 2008年11月21日発売号


■あらすじ・感想レビュー
月刊HQcomicは、ブツ切りの連載ばかりなのがイヤになって最近はたま~にしか買ってなかったのですが、
この号には黒田かすみ先生の新作書き下ろし読みきりが載っていて、久々に買ったので紹介します。

『雪のプロローグ (読みきり)』 黒田かすみ/アン・グレイシー
賭博好きで借金だらけだった夫亡き後、粗末な借家で赤貧の生活を強いられている貧しい母子家庭。亡くなったパパが帰ってくるように・・・と幼い娘(カワイイ☆)が無邪気に祈ったある夜、扉を叩く音で母親のエリーが外を見てみると、ケガを負って意識不明の男性が倒れており・・・。
クリスマスものっぽい雰囲気のある19世紀のヒストリカル。最初は熊みたいに小汚くてトボケたヒーローが中盤から、頼れるセクシーなハンサムさんにすっかり変身しちゃいます。
☆おすすめ!黒田かすみ『雪のプロローグ』を電子コミックで読む(立ち読み無料☆)

『ダイヤモンド・ダスト (読みきり)』 碧ゆかこ/レニー・ローゼル
テキサスの大牧場主である50代の男性にシカゴで見初められて、結婚する為にテキサスにやってきたエイミー。でも彼の代理で迎えにきたのは、今後は義理の息子になる予定だけれども自分よりも年上の、すごーく不機嫌そうなボウだった。
たぶん原作の設定自体に色々と無理がありすぎるようで、微妙にオイオイ・・・な話でしたけれど、碧ゆかこさんだけあって良くまとまってました。

『臆病な女神 (連載1回目)』 藤田和子/パトリシア・F・ローエル
19世紀の英国を舞台にしたヒストリカル。むかしロンドンで凶悪な集団レイプの被害にあった可哀想なヒロインが、ヒーローの献身的な愛で心の氷を溶かしていくお話。このお話は今後、段々と陰謀サスペンスじみていきます。
2本目の長期連載です。週刊誌や隔週誌ではないのですから、この手のブツ切り連載はせめて1つだけにしてほしいものなのですが・・。

『満月の誓い (連載2回目)』 宮花みん/デボラ・ヘイル
連載2回目だそうで、しかもまだまだ続く模様。なんか、プリンセス(あくまでもイメージ)とかで連載してそうな、魔法とかが出てくるコテコテのファンタジー・ロマンスらしいのですが、細かい連載が興味をそぐせいなのか、いかにもファンタジーな雰囲気の絵が苦手なせいなのか、目も頭も拒否してしまい全然読む気が起こらず・・・、あらすじ紹介できません。

 ★アマゾンでバックナンバーを探す

 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村


H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!

          サーバーまわりのこと