北野生

・・・に関する情報を紹介しています。
 ▽よむよむオススメのパソコンで読めるハーレクインコミック&レディースコミック(PR)  

   
↑↑ホット&超笑える!!
上杉可南子「復讐は恋の始まり」
↑↑HQファン必読!!
真性鬼畜ヒーロー・マックス様(笑)
↑イチオシの音楽系レディコミ
オトヨシクレヲ「Sugar&Spice」
ハーレクインコミックも
ネットで立ち読みし放題☆

  
真の主役は子供!?
牧あけみ 最新感動作 泣けます
超オススメ!ホットで笑える
小越なつえ「恋のルールを忘れたら」
青目黒の幻のエロカワTL
「LOVEカルテ~恋の病は進行中!」
女性向けHコミックも
ネットで立ち読みし放題☆


  ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒  
  クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村
 

今月号のオススメ度 ★★★★☆
恋愛MAX(ラブマックス) 2010年6月号 (H系TL/YLコミック雑誌)
2010年5月6日発売


今回はページ大増でいつもより1cmぐらい分厚くなってます。
でもこういう場合は前みたいに分厚い別冊付録に分けてもらったほうが読みやすかったかも??
しっかりしてるレギュラー陣の作品の間に増量分の軽めの小作が挟まるせいで、
雑誌の全体的な印象が薄くなっちゃって、勿体無かったような気も・・・・。

■あらすじ・感想・レビュー

『 婚活ゲーム (北野生) 』
婚活テーマの読みきりシリーズの3回目。「運命の相手」とまで言ってプロポーズしてきた婚約者に結婚式寸前で逃げられたことがトラウマになって、3年経った今になっても婚活に熱心になれない由乃。これが最後とお見合いパーティーに参加するも、「運命の出会いを信じている」などととプロフィールカードに書いていた男性についカラんでしまい・・・。
特にどうという話ではないんですが、北野生センセイの作品はいつもしっかり読ませてくれますね。「函館恋愛物語」の2巻もはやく読みたい。←しつこいw
『 キライ先生 (藤井みつる) 』
先生と生徒シリーズの、薄幸の美少女・伊吹さん編の・・・え~ともう何話目だっけ?5話目ぐらい?けっこう長いですが、ヘタレで真面目な吉岡先生と、ツンデレ(?)な伊吹さんの組み合わせは好きなのでOK。今回はラストでちょい嫌な伏線が見えたまま先生が部屋を離れてしまったので、次回の伊吹さんが心配です。つ、ついに、あの温和な吉岡先生がマジ切れするようなバイオレンスな展開になっちゃうのか!?わくわくw
『 唾と蜜 (まんだ林檎) 』
元いじめられっこのヤリマン女子大生・千奈津が、誘っても全然自分になびいてこない妻子持ちのオトコ・アキラに興味を持ち、脱ヤリマンを宣言をしてアキラと純愛しようと目論むお話・・・・の連載第4回目? チナツがアキラのバイト先にまでウェトレスとして入り込み、SM趣味があるらしいアキラを貞操帯で執拗に挑発するが・・・・。
どう考えても本命は体だけぐらいしかなびかなそうなので、最後はヤリ友の潤に落ち着くとしか考えられないなあ。まんだ先生だけに、結局どっちもナシとかもありそうだけど・・・。この連載も、読めない展開にイライラしつつも何気にわくわくw
『 或る少年の性情 (羽央) 』
7歳年上の美人のイトコの由花を一目見るなり好きになったのに、素直になれずについつっけんどんに意地悪を言ってしまった、まだ小学生の子供だった賢太。7年後、高校に近い由花の実家に居候していると、ずっと東京に行っていた由花が出戻ってきて、一つ屋根の下で暮らすことになる。でもやっぱり今でも賢太は素直に好意を示せず意地悪なことばかり言ってしまい・・・。
私にはあのゴスロリっぽい黒い絵とかがどーも怖くて苦手な作家さんだったのですが、今回のお話は初々しさがあって絵もいつもよりは比較的白っぽくソフトで結構良かったです。でも女の子がタヌキみたいで全然美人に見えないw
『 いとしいとしというこころ (なかはらももた) 』
一見初々しそうに見える萌え系カップルの、実は結構過激(?)なラブ&H。今回は夏服の透け透け具合にお互いに発情。このカワイイ二人、もうすっかりバカップル化しちゃってますね・・・w

その他・・・
男性不振のみさこちゃんと年上のカレの、非H系の可愛いロマンス 「ベイビー涙はふいて(花田裕実)」 は今回ついに・・・・ プリンの下りがキューンと来ました~。
克本かさね先生の久々の完全オフィスもの 「エゴイストの甘い罠(克本かさね)」 は、社外に婚約者がいるOLが、社内のイケメン・エリートにいいように抱かれてしまうお話。克本かさね先生には今後もMAXではこういう大人向けをお願いしたいです。
「それはちょっと秘密(大倉かおり)」 はいつものソフトSM好きな大学生バカップルの、ヒロインの友人・サユリのスピンオフ。講義中に女二人でヘンタイ話をしてて教授に怒られるシーンが両作でリンクしてますね。絶賛不倫中のサユリにフラれてもめげない一途な男の子が可愛かった。
バーテンとOLのツンデレ・ラブ 「ブーケの魔法(ミナモトカズキ)」 。姉妹誌チェリーピンクには何度か描いてた方ですが、うーん、好みの問題もあるとは思うけど、こういう少女漫画的ではない、アムールとか微熱とかみたいな濃厚エロ・レディコミ系(それともBL系?)っぽい絵柄・作風は、MAXとはそぐわないような気がするんだけど・・・。


恋愛MAX(ラブマックス)は隔月雑誌なので、次号は7月の今頃(たぶん7月6日)発売の8月号です。
他の月刊タイプのTL・YL誌よりも比較的、号による当たりハズレの少ないいい雑誌ですよ☆
★アマゾンで購入orバックナンバーを探す



レディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!

「恋愛MAX」は、バリバリH系のTL/YL雑誌と、H系でない普通のレディコミ雑誌とをミックスさせたような面白いH系雑誌で、
しかもこの手の雑誌の中では一番ハズレの号が少なかったりもするので実は一番私の気に入っている雑誌だったりします。
MAXが秋田書店発行の雑誌だからなのか編集部に力があるからなのかとかは分かりませんが、
他のH系雑誌とは違い、一般誌出身の普通の漫画家や、BLやH系出身でも結構力のある漫画家さんが描いてることが多く、
ちゃんとHなのにフツーに漫画としての質もいい作品の掲載率が他のH系雑誌より格段に高い!
隔月発行雑誌のせいか、街の本屋さんでは置いてないことがあったり、置いてるコンビニも少なかったりしますが、
もしタイミング良くどこかで見つけたら試しにパラ見してみてください。
いつもはコンビにでも手に入りやすい恋愛白書パステルや絶対恋愛SWEETやなんかを読んでるけど、
毎月購読してるとハズレの号も結構あるよなあ・・・と感じてる方には特にオススメです。

とにかく私が購読してる中では今一番大好きな雑誌なので、雑誌の継続を応援するために、
この雑誌も面白かった号は積極的にあらすじ&感想レビューをUPしていくことにしました。
ということで・・・



今月号のオススメ度 ★★★★★
恋愛MAX(ラブマックス) 2010年4月号 (H系TL/YLコミック雑誌)
2010年3月8日発売


今回は私の好きな作家さんが重なった良い号でした。
特に、ヤマモトミワコさんが帰ってきたのがホント嬉しかったです。

『 いとしいとしというこころ (なかはらももた) 』
入学式で出会った男の子と女の子の急展開ラブ&H。オイオイってなぐらい急激で過激な出来事なはずなのに、当の二人は初々しくてカワイすぎて、その過激さと萌え(?)のギャップが笑えます。なかはらももた先生のカワイくてHなお話は結構好きです。ラストのコメントの意味は、今度も連載になるって意味なのかな?
(※後日追記※その後連載し2011年1月コミックス化→ 「いとしいとしというこころ。美少女×美少年の純情カゲキラブ」(外部リンク)
『 恋姫 ~愛にまみれて~ (ヤマモトミワコ) 』
Hなモーションをかけてきたずっと好きだった同僚のことを、自分の不慣れさでまるで女子高生のように振り払ってしまった、年齢の割りにかなり純なOL三波さん。オトコのほうはそれを駆け引きと思い込み・・・。テンパると全然周りが見えなくなる三波さんがバカでキュート。
しばらく掲載が無かったのでもうMAXとは縁が切れちゃったのかな・・・と思ってたら戻ってきました。比較的最近ファンになった作家さんだったので、継続しててくれてすごく嬉しい!昔発表した少女漫画をHに書き直すリメイクものも面白くて好きなんですが、今回のはちょっと大人っぽい話なので完全書き下ろしでしょうかね?(単行本「恋蜜(コイミツ)」のレビューへ
『 婚活ゲーム (北野生) 』
20代にも見えてしまう若作りの36歳OLがお見合いパーティで出会った運命のオトコ?はなんとまだ26歳だった。彼もまんざらではなかったはずなのに、彼女の年齢を知るやいなや、冷たくあっさり立ち去ってしまう・・・・。
ちょっと切ない大人のストーリーが得意の北野生さんもお気に入りの漫画家さんです。「函館恋愛物語」の2巻も心待ちにしてるんだけど、出ないですねぇ。コッコちゃんのお話とか、結構貯まってるはずなんだけど・・・・。
『 唾と蜜 (まんだ林檎) 』
元いじめられっこのヤリマン女子大生が、誘っても全然自分になびいてこない妻子持ちのオトコに興味を持ち、脱ヤリマンを宣言をしてその彼と純愛しようと目論む。
連載第3回目だったかな。この漫画家さんのお話はいつも先が全く読めません。基本的には好きな作家さんなんだけど、今回の連載は主人公二人とも性格が複雑すぎて、先も読めなすぎてちょっとイライラしてきたかも。ビーマイベイベーの方が素直に読みやすかったなあ。

その他・・・
男性不振のみさこちゃんと年上のカレのお話「ベイビー涙は(花田裕実)」。花田裕実さんはいつも非Hだけどレギュラーです。こういうところがMAXが他と変わってて面白いところ。
連載 「あなたの愛にやられたい(克本かさね)」 はもういいかげん高校生モノがワンパターンすぎてあまり目を通さなくなってきてしまった。克本かさね先生自体は嫌いな作家さんではないのですが、高校生モノ(というかバカ女子高生モノ)ばかり続いて飽きたー。できればMAXの方だけはも少し大人の主人公の話を!
憧れの喫茶店店主にコーヒーの個人講座をしてもらえることになったけど、甘いコーヒーカクテルで酔わされてしまう 「琥珀色の誘惑(蜜橋アザコ)」。相変わらずのぽややんとした中身のあまり無いお話ですが絵はキレイ。
去年までプチコミック増刊でちょっとHな女刑事&後輩刑事モノを描いてた長谷部百合さんが初登場した 「あまく こわれる おんがく(長谷部百合)」 。うーん絵も話も硬いかな。
全然Hでもなんでもない実録イヌネコ漫画「ねこあきない(夢路行)」はネコのおチンチンのお話が興味深かったです。へー、今度誰かの家で見させてもらおうっと。
自分には全く縁の無いタイプのダメ彼氏たちが面白かった「ダメ男乗り換え案内所」。面白いのに終わっちゃって残念。今回みたく人のネタで続けていくことは無理なのかな?


最初なのでつい細かくたっぷり書いてしまいまいましたが次号からはもっとあっさりになると思います。
恋愛MAX(ラブマックス)は隔月雑誌なので、次号は5月の今頃発売の6月号です。
★アマゾンで購入orバックナンバーを探す

          サーバーまわりのこと