▽よむよむオススメのパソコンで読めるハーレクインコミック&レディースコミック(PR)  
   
↑↑ホット&超笑える!!
上杉可南子「復讐は恋の始まり」
↑↑HQファン必読!!
真性鬼畜ヒーロー・マックス様(笑)
↑イチオシの音楽系レディコミ
オトヨシクレヲ「Sugar&Spice」
ハーレクインコミックも
ネットで立ち読みし放題☆

  
真の主役は子供!?
牧あけみ 最新感動作 泣けます
超オススメ!ホットで笑える
小越なつえ「恋のルールを忘れたら」
青目黒の幻のエロカワTL
「LOVEカルテ~恋の病は進行中!」
女性向けHコミックも
ネットで立ち読みし放題☆

2008年07月11日

 

オススメ度 ★★★★★
涙にぬれた口づけ ( HQ ハーレクインコミック )
瀧川イヴ (画)、ダイアナ・パーマー (原作)


■あらすじ
面接を担当した当主(ヒーロー)には一目で嫌われたような気がするものの、男の気を散らしそうもない子供っぽく平凡な容姿と有能さを評価されて、大富豪キャリスター家の次男(ヒーローの弟)の個人秘書に採用されたヒロイン。
亡くなった前妻と当主(ヒーロー)との娘達は優しいヒロインにとてもなつき、ヒーローもそんなヒロインに亡き愛妻の面影を感じて惹かれていきますが、何かの秘密を抱えてるらしい様子のヒロインを信用しきれず、誘惑してはまた遠ざける・・・というようなようなちぐはぐな態度を何度も取ってしまい・・・。
★瀧川イヴ 「涙にぬれた口づけ」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)


■感想・レビュー
ある深い悲しみを抱える情愛に満ちた、まだ若くてウブなヒロインと、
ちょっと傲慢で疑ぐり深いヒーローとの、初恋のようにもどかしくキュンと来る優しいロマンスです。
きっと原作も良いのでしょうが、マンガとしてのクオリティも高く、
コミカルな部分と泣きの部分が絶妙のバランスで配置されていて何度読んでも飽きないので、
ワタシももう10回以上は読み返している(あ、いいかげん早く原作も読まなきゃ・・・)気がします。
ヒーローのカワイイ娘達とヒロインとの触れ合いの様子もとても優しげでキュートで、そこもとっても良かったです。
読後はじんわりと優しい気分になります。オススメです!!
★瀧川イヴ 「涙にぬれた口づけ」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)


 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村


H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!

2008年04月24日

 

オススメ度 ★★★★☆
大人への階段 (ハーレクインコミックス)
黒田 かすみ (画) 、ダイアナ・パーマー (原作)


■あらすじ
ず~っと自分に付きまとってきていた19歳のアンナにスキスキと追い回されなくなった途端、
その小娘を追い回る側になってしまう34歳の牧場主エバン。
何故いい年した男がそんなガキっぽい行動をとる事になってしまっているかというと・・・。
★黒田かすみ 「大人への階段」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)

■感想・レビュー
単なる歳の差が障害になってるだけのロマンスではなく実はもう一ひねりあるのですが、
そこがこの作品をとても面白くしています。
中盤は、まだティーンエイジャーに過ぎないヒロインが
34歳にもなるのに全然大人げがない傲慢ろくでなしヒーローに酷く振り回され混乱させられるやりとりが多くて
可哀想でハラハラしましたが、最後の最後のオチのところでの「バカップル」ぶりで一気に楽しい気分になります。
漫画としてのクオリティが高いので、黒田さんファンならずとも迷わず買いです。
その後原作ハーレクイン小説も読みましたが、
マンガ版の方がメリハリがあってオチも良く利いてて断然面白かったです☆
★黒田かすみ 「大人への階段」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)


 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村


H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!

2008年04月24日

オススメ度 ★★★★★
よみがえる情熱 (ハーレクインプレミアムコミックス)
ダイアナ・パーマー (原作), 黒田 かすみ (イラスト)


■あらすじ・感想レビュー
以前単行本で発売された「よみがえる情熱」と「バッドタイミング」の2本を再録した、お得な文庫版コミックスです。
一本目は、お隣さんとして出合った時とは社会的地位が逆転してまった、今は大金持ちとなったヒーローと、家が破産してしまい落ちぶれたヒロインが、深刻な確執や誤解を乗り越えていくかなりシリアスなお話なのですが、二人の葛藤や恋心がじっくり丁寧に描いてあってすご~く良かったです。切なくていいお話!
二本目は、ヒロインのことを勝手にあばずれと思い込み隣家から追い出そうとするヒーローと、あえて誤解を否定せずにヒーローをこっそり小バカにするヒロイン(実は有名な芸術家)との、やいやいと喧嘩をしながら惹かれあっていく比較的コミカルなロマンス。
どちらも漫画としてのクオリティが高く面白いので、黒田かすみファンなら絶対買いですが、そうでなくても買って損はない一冊だと思います。

ちなみに「バッドタイミング」には、黒田先生オリジナルのハードボイルド・ロマンス「VICE」シリーズを読んでいた人なら絶対にニヤっとくる「エドガーのとっておきの口説き文句」が出てきますよ☆

 ★黒田かすみ 「よみがえる情熱(表題作のみ)」 を電子コミックで読む (立ち読み無料☆)
 ★アマゾンで購入

<2009/03/03 追記>
この、ワタシの大のお気に入りのコミック版「よみがえる情熱」のダイアナ・パーマーの原作小説は、
とっくの昔に無くなったサンリオロマンスから出た後は再販されたことが一度も無いとか。
なので、人気作家だけあって中古相場がめっちゃくちゃ高くなってて原作を読みたくても読めなかったのですが、
長く アマゾンのマケプレ中古本オークション を見ているうちに、
高いなりに2500円前後と相場がまずまず安定してるということに気付いたので、
(――そういう場合は大体がほぼ買った価格で売れるので――)ついに手に入れてしまいました☆

コミックスの方ではちょっと説得力が弱いんじゃないかと思っていた、
ジェイスンの酷い態度の理由付けとして用意されてる“煙幕”的エピソードが原作にはもう1個ありましたが、
それ以外はほとんどのシーンや重要な会話が原作本文にすごく忠実にコミックス化されててビックリでした。
何度も何度も読みながら、細かいところまでちゃんと描いていったって感じ。よほど思いいれあったんでしょうね~。
 
なのに・・・あれれ?
原作はコミックスよりも感情の揺さぶりに乏しい感じで、なんかアッサリ読めちゃったのは何故なんだろう??
コミックスの方なら何度読んでても、ジェイスンの酷い発言(傷つける目的でヒロインを冷酷にこき下ろす)が
読み手のワタシにも全部グサグサと突き刺さって来るので、傷つき混乱するヒロインと心の痛みを共にできるのだけれど、
原作だとあまりジェイスの暴言が刺さってこず、なんだか第三者目線になってしまう気がしました。
でもその後すぐにコミックスで読みなおすと、やっぱりヒロインの傷心はちゃんとこちらに迫ってくるんですよね~。
こんなに原作に忠実なのに、原作よりコミックスの方が面白くなってるって、ちょっと不思議。
黒田かすみ先生は、やっぱ本気出すと(笑)、すごいですね。
 

 ブログランキング参加はじめました ⇒⇒⇒
 クリックのご協力もお願いします (>人<;)
  にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
  にほんブログ村
   にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
    にほんブログ村


H系TL・YLもレディコミもハーレクインコミックもBLも全タイトル無料立ち読み可能&立ち読み簡単!100円レンタルも多数!

ブログ内検索
単行本以外の記事(雑誌掲載分など)もひっかかるのでカテゴリーリストより多くの記事が見つかる場合あり☆

.
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

よむよむ

Author:よむよむ
30代・女性

ここ数年、ハッピーエンドでセクシー系のロマンスものにハマってます。30過ぎてからはHOTなものにも全く抵抗なくなりました。むしろ大好きなぐらい?
今まではアマゾンで“☆”というHNでちくちくとハーレクインコミックスやレディースコミックスのレビュー投稿をしてましたが、あの場では反応がイマイチよく分からず少し虚しかったので、自分のブログを立ち上げてまとめる事にしました。新しいレビューの作成も同時進行していってます。もし私と好みが合いそうでしたらたまに覗きに来て下さいネ。

原のり子さん、オトヨシクレヲさん、黒田かすみさん、青目黒さん、の大ファンです。
オトヨシクレヲさんについてはSugar&Spice以前の単行本未収録作品まで集めちゃったりと、ちょっとマニアの域に入っちゃってるかも??なのに友人知人には薦めづらいジャンルなので、ココで大々的に紹介して鬱憤晴らしてます。

息子が生まれてから日常が一変してしまったので、ブログの更新が頻繁にできなくなりました。
漫画読む時間は何とかちょこちょこ作れても、幼児に邪魔(息子にとってはPC=動画見るおもちゃ)されながらパソコンに向かって長文書くのってかなり厳しいぞ!

当ブログはリンクフリーです☆

広告スパムが酷いので、コメントやトラックバックは管理人の承認制になってる事があります。あと、当ブログへのリンク(参照リンク/言及リンク)が入ってない記事からのトラックバックは元から受け付けない設定になってます。ご理解下さい!!

月別アーカイブ
サブカテゴリー test中

H系レディコミ/TL/YL ハーレクインコミック オススメ度★★★★★ オトヨシクレヲ Sugar&Spice レディコミ 絶対恋愛SWEET 傲慢ヒーロー 原のり子 笑える 黒田かすみ 恋愛MAX 官能的(HOT) 青目黒 アリスン 泣ける ヒストリカル 瀧川イヴ 不遇ヒロイン ろくでなしヒーロー 恋愛白書パステル ソフトSM系 ロクロイチ ヤマモトミワコ 若菜光流 まんだ林檎 なかはらももた 鬼畜ヒーロー 篠崎佳久子 代々木公園のイベント・フードフェス ロマンス小説 花田祐実 夫婦関係修復モノ サンドラ・マートン 子供がカワイイ 趣味の観劇雑記 JUDY 高田りえ 上杉可南子 百合・GL シークもの はやさかあみい 「バロン家の恋物語」シリーズ 克本かさね 藤井みつる ラブラブ シークレットベビーもの メイド・ヒロイン 紫賀サヲリ 妊婦ヒロイン ヘドウィグ 月刊ハーレクイン コミックス関連の色々 愛人関係もの H系レディコミ/TL/Y ペニー・ジョーダン ダイアナ・パーマー リンダ・ハワード スーザン・ネーピア 年の差もの 魅惑のヒーロー 藤田和子 エマ・ダーシー 記憶喪失もの くさか里樹 文月今日子 月刊HQcomic くぼた尚子 大久保 カムジャタン そねはらすみこ ガムジャタン 韓国料理 サラ・ウエストリー シングルマザー・ヒロイン プチコミック タイフェスティバル ルーシー・ゴードン 荻丸雅子 秋元奈美 大倉かおり 北野生 ミランダ・リー 橋本多佳子 金城りえ フラメンコ・バレエ・舞踊もの 瀧川イヴ<独身貴族の賭け>シリーズ クリスティ・ゴールド 広瀬美穂子 リン・グレアム パラノーマル 義理の兄妹もの 牧場主・牧場舞台もの 岸本景子 麻生歩 デイ・ラクレア 萩尾望都 まさき輝 のわきねい JET 身分違いもの 「倫敦恋奇譚」シリーズ 岩明均 東京セレソンデラックス ハーレクイン 曜名 実録・連合赤軍 このブログについて マーガレット・メイヨー もんでんあきこ 佐々江典子 牧あけみ 松本ななこ 子供関係の色々 萌え系TL 日生佑稀 小林博美 湊よりこ ひかわきょうこ 羽海野チカ セフレ さちみりほ 森素子 千川なつみ アニー・バロウズ BL ハーレクイン小説 メアリー・バローグ リー・ウィルキンソン 鬼畜ヒロイン 幼馴染もの インディア・グレイ 鈴木淳子 桜野なゆな 瑚白ゆう キャシー・ウィリアムズ 藤丸浩子 ポチの告白 原ちえこ 酒井美羽 キャロル・グレイス MARIE くればやし月子 波津彬子 ジェイン・オースティン ポーラ・マーシャル 小越なつえ ジュリア・ジェイムス サラ・クレイヴン 看護もの 三国ハヂメ 坂下亜寿佳 ささきゆきえ ジャッキー・ブラウン 佐伯かよの ハーレクイン・オリジナル 田辺真由美 レベッカ・ウインターズ バイオジェル ソークオフ フィリス・ホールドーソン サリー・ウェントワース ジェルネイル リン・カーランド 夏生恒 西園寺みちる 北マトセ 葦珈のぞむ バーバラ・フェイス デボラ・シモンズ エリザベス・メイン デビー・マッコーマー ダイアナ・ハミルトン ドナ・クレイトン シャロン・サラ エリザベス・ロールズ アン・スチュアート チカ モーラ・マクギブニー クロカミショウネン 羽央 

RSSリンク
PR

Appendix


下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。